Get the Awesome Life~人生の気づき~
あなたが変わる瞬間を総合プロデュース!! あなたが変わるキッカケはどれでしたか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前にもブログ内で書かせて頂いた


人は何のために生きているのか・・・それは人のためです。



幸せのなる為には・・・まず人を幸せにすることです。




これはやっぱり本当です。





人が喜んでくれる事って凄く嬉しい!!


それが、自分の大切な人ならなおさらです。


自分が人からしてもらえて得た喜びは


時間と共に徐々にその喜びは薄れていきますが、


自分の行動で人が凄く喜んでくれた事って


凄く頭や、心に残ります。


自分の行動で人が喜んでくれると、凄く自分の気持ちもハッピーになってしまいます。


自分が幸せな気分になりたい時は、人を喜ばせる!


やっぱりこれが、何より一番早く自分が幸せに繋がる方法ですね。


自分が得よう得ようとばかり思っていると、やっぱり何も得れず・・・


そして虚しくしくなっていくだけです。



そもそも自分が人から何かを得て幸せを感じる事は頻繁にあることではありません。


それは待つしか方法がありません。


待ち切れず求めて得た物事は、一時の幸せは得られますが・・・


心からの満足はやっぱり得られないんです。


でも人を幸せにする事って待つ必要はありません。


自ら行動すればいいだけです。


すぐにでもできます。


しかもそれで自分も幸せな気分になってしまいます。


幸せな気分になるって、あまりにも簡単な事なんだなあと


再確認できた一日でした!


人を喜ばせる頻度が多い人が幸せになるこれはやっぱり当たり前の事なんですね


スポンサーサイト
以前にブログ内で書いた【意図して生きる】


この自分の人生を意図して生きると、


人生がコントロール出来るようになってくるというお話をしました。


やはり、そのやりたいビジョンが具体的で明確、


そしてそのビジョンに確信を持って行動すると、


そのビジョンは確実にあなたの思う通りに進んでいきます。





今日、再度実感して嬉しくなりました。




私がが働いている会社の事業が、


今年に入ってから売り上げが伸び悩んでいました。




会社の状況を見れば状況が悪化していく一方だろうという事は、


去年の9月頃から分かっていましたが、


去年の9月の売上が過去最高であった為、


足元が見えなくなってしまった上層部は、


現場の声に耳を貸そうとせず、利益至上主義になってしまいました。


案の定、売り上げは右肩下がりになっていき、


今年の2月以降売り上げが前年比を超えなくなる事態に陥りました。


どうしても、売上を上げたい私は


売上を上げる為にはどうしたらいいか考え抜き


ある二つの戦略が思いつきました。




絶対にこれなら売り上げが向上するという確信が持てましたが


上層部は一切受け入れようとせず、


今までやってきた手法のみを繰り返し、


全く売上が改善されず時間だけが過ぎて行きました。





何度か上層部に新しい戦略の提案しましたが、首を縦には振ってもらえず・・・


逆に売上がこんな状態なのは行動力やスキルがが足りないからだと言われる始末  笑


ただ拒否されれば拒否されるほど、


反発心からか


アイディアは私の中でどんどん膨らみ具体的になっていきました。


そして、必ず成功するという確信しか持てないほどになりました。


そして昨日、何の前触れもなくいきなり・・・



いきなり私の戦略で事業が進む事になりました。





誰よりも確信を持てる物事には、たくさんの人を巻き込む事が出来る力が


やっぱりあったんだと再実感しました。



知らない間に、いつの間にか皆が自分の船に乗り込んでいたのです。



何だかビックリ!!


でも、やっぱり意図して生きるってエキサイティング!!








自分の行動する動機って何だかわかりますか?


この4つのパターンに分けて自分の行動基準を考えてみると面白いですよ。


人を動かす時も、動かしたい人を行動パターンにあてはめてみて、効果的な言葉を使うといいかも!!




ちなみに自分はなぜタイプかなあ~~


少しタイプも入ってるかも。



なぜタイプ


・何それ、それやるとどうなるの?


・メリットデメリットに弱い


・感情で左右されやすい


この車本当にカッコイイから、買ったら女の子にモテモテ!


今乗ってる車だと、デートには向いてないでしょ~


この車乗ってたら皆振り向くよ~等、感情に流されやすい。


その物を手に入れた時の状態を想像するタイプ。


妄想族に多いかもしれないですね! 笑





なにタイプ




・実績に弱い


・分析するタイプ


・理論的


・クチコミがやたら気になる


・結果重視


この車は燃費性能に優れていて、コストパフォーマンスが凄い高いんですよ。


馬力も280馬力とパワーも兼ね備えている為、


スポーティーな走りも味わえます。


スペックや理屈に弱いタイプ。


オタク気質な方に多いのかもしれませんね。


どうやってタイプ


・方法論が分からないと動けない。


・こうすればこうなる等、ステップが組まれてると行動に移しやすい


・ステップ1でこれを持って、ステップ2でレジに行って、ステップ3でお金を払うなど順序が分かる事が好き


・説明書をきっちり読む人



まず、この車に興味がある場合は、


来店して頂き、実際に見て、試乗をしてもらいます。


その後お見積りをお出しします。


その後ご検討頂き、ご購入頂く場合はお申し込み用紙をご記入頂きます。


プロセスがあって明快な物が好きなタイプ。


結果より過程にこだわるタイプですね。




今すぐタイプ

・とりあえず始めるタイプ


・もう何でもいいからとりあえずちょうだい。


・これを買ったら今なら2個ついてくる等に弱い。


・TVショッピングでいらないのに買ってしまう。




今日買って頂くとカーナビがついてきますし、


今なら1年間のオイル交換が無料です


お得情報にすぐ飛びつくタイプ。


衝動買いが多いタイプの人ですね。





あなたはどのタイプでしたか??
自力・他力


人間生きていく上でどちらの要素が大きいでしょうか?


今日気付いたのですが、


考えてみると


自力で1から出来る物事って凄く少ないなあと・・・


人間は他力で生きている比重が凄く大きいんだと


実際には自分に全く関わりのない人、会った事もない人の力を借りて生きているんだと。


例えば・・・


自分たちが食べているお米や野菜は自分で作ったわけではなく、


農家の人が作ってくれた物。


住んでいる家も


着ている洋服も


通勤に使う電車や車も


歩いている道路でさえも


自分では一切手を出さず、


誰かが一所懸命作ってくれた物を


利用させてもらっているだけなんだと・・・


何だか、今まで生意気言ってすいませんと思った一日でした。


もっと世の中に感謝しないといけないですね!!

将来はビッグになってやる~~~!!


とりあえず社長になりたいな~~。


良い車に乗って


良い女連れて


毎日飲みに行って


そんな生活に憧れていた若かりし頃の僕・・・


勘のいい友達が僕に行った一言


友達「そう、んで結局何がしたいの?」


僕「とりあえず社長だな。」


友達「ふ~ん、どうやって?何の会社で?」


僕「それは・・・あれだよ・・・。」


僕「オレは何が出来るんだろう・・・強み、得意なもの・・・特になし・・・。。」


そんな自分にガッカリし、


自分探しの旅に海外へ2年間。


色んな人と出会い、色々な国の人の価値観を知り


自分に自信が持てるようになった時に出会った


自分探しのメソッド・・・





【ブレインダンプ】






このブレインダンプを一回やるだけで、


自分は何をしたかったのか一発で分かりました。


凄い頭の中がスッキリして、


ただひたすら、


自分の夢に向かう事が出来るようになった


凄いメソッドです。


色々迷いがある人は一度やってみることをお勧めします。


このメソッドを終わらすまで少し時間はかかりますが、




その費やした数時間の何倍、何十倍もの価値が手に入ります。


是非一度試してみて下さい。



↓↓↓↓↓そのブレインダンプの方法はこちら↓↓↓↓↓





①手に入れたい物、やりたいこと、なりたい状況をすべて紙に書き出す


最低100個以上書きだして下さい。この1番のステップが一番大事です。


もう、これ以上は出ないというところまで、頭が悲鳴をあげるまで欲しいものを書き出しましょう。


これをやるだけで、けっこう自分が見えてくるはずです。





②現在やらなければならないことをすべて書き出す(2週間分程度)


③②を達成するためのアイデアをすべて書き出す(「こんなものがあったら面白いな」等)


④現在抱えている悩み、不安、問題、をすべて書き出す。



これら書き出したものに自分で優先順位順に並べ替えます。


そして並べ替えた順に行動開始!!


最低ステップ1だけでもやってみて下さい。


絶対自分の人生のヒントになりますから!!


人がどうしても避けて通れない事





【飽きる】






誰でも経験があるはずです。


生まれたばかりの赤ちゃんでも


あなたが飼っている犬や猫も同じです。




「いないいないばあ~」


やり始めはケラケラ笑ってくれますが、


そのうち全く笑わなくなり、涼しい顔をされてしまいます。





犬や猫も同じでボールで一緒に遊んでいても、


直ぐにそっぽを向いてしまいます。




いくら自分が飽きないように


同じ努力を繰り返しても相手が飽きてしまっていては、何も進展はありません。




人生において


人を飽きさせないようにする


これが上手に出来る人が


人間的にも経済的にも成功していくのではないでしょうか?





どんなに良い商品でも、消耗品ではない限り


同じものをもう一度買うというのはあまりありません。




どんなに欲しかった洋服でも、一度買えば満足ですよね?


ちょっと汚れたからもう一着というのはあまり考えられません。




ですので、洋服屋さんのサイクルは凄く早いのです。




洋服屋に行って毎回、同じ洋服しか売っていなかったらがっかりですよね。


人を飽きさせないように、かなり早いサイクルで回しているのです。




携帯もパソコンも、車もどんどん新しい物が世に出てきます。


なぜ、こんなに早いサイクルで出てくるのか・・・




それは、人は良く目にする物にはあまり興味を示さないからです。


例えば、毎日通る道、特に意識して歩いていないですが、


昨日までなかった場所に、いきなり新しいお店が出来ていたら


誰でも最初は気になります。




ですが、時間が経つにつれてどんどん当たり前になって目にもとめなくなってしまう。





人間関係でも例えば・・・




[その話何回するの?」っていうくらい


いつも同じ話ばかりする人にはうんざりしますよね?




そういう人とは逆に親しい人でも会いたくないと思ってしまう。


いくら、御馳走するからと言われても会いたくなくなってしまったりします。




逆に自分が御馳走してでも会いたくなる人もいます。


「一緒にいて飽きない人です」


いつも面白い話やためになる話をしてくれる人です。


そういう人はいつも人の興味を集めています。


そういう人のように


地球上に生まれたからには飽きられないようにしなければいけません。


動物は動いている物に強く興味を示します。


逆に止まっている物には興味を全く示しません。


僕らを生みだしてくれた


「海」でさえ・・・


世界には


【死海】(塩湖)


という場所があります。


昔は海だった場所です。


海底隆起などにより、孤立してしまった海です。


この死海には、生物がほぼ生息していません。


理由は色々ありますが


海でさえ、止まってしまうと生物が寄り付かなくなってしまうのです。


商売が上手く行かない、恋人が出来ないなど


その問題を解決するには人に飽きられないようにする。


簡単ではないですが、


その努力が出来る人出来ない人で人生の質が変わってくるはずです。









子供の頃から集中力が無いと言われてきました。


集中とは無縁の男かなあと思いこんでいましたが。


「まんざらそうでもなさそうです。」




なぜなら、


集中と言う字は


中に集めると書きます。



要は狭めると言う事です。



狭めるのであれば集中するということは、


いつも以上の力を出すということではないですよね?





元々ある力を狭める(分散していた力を集める)と言う事により


物事に変化が起こるという現象です。




極寒の中で外に100人でいたら寒いですが、


部屋の中に100人でいたら暖かくなります。


これは、分散してた物を一ヶ所に集めたからですよね?




特にいつも以上に力を込めたわけではありません



意識せずに前方を見て下さい。


色々な物が視界に入ってくるはずです。


そこでTVをつけてTVを見てみて下さい。


かなり視野が狭まってきます。


先ほど見えていた物が見えなくなってきている事に気付くはずです。


そこに針と糸を持ってきて


針に糸を通そうとすれば、


先ほど見ていたTVさえも見えなくなってしまいます。


逆に最初に前方を見ていた感覚で


針に糸を通すのは至難の業ですよね。


特に、目が良くなったから針に糸を通せるわけではなくて、


普段ある力を狭めただけによって可能になっただけです。




普段私たちが使っている




「水」






普段、私たちが使用する上で特に害はありません。


ですが・・・


この水も、超高圧に圧縮すると


鉄や岩をも切り裂いてしまうことが出来るようになってしますのです




普段私たちが使用している刃物では


到底切る事が出来ない鉄や岩を


水を集中させる事によって、簡単に切ってしまうのです。


特に特別な力を使っているわけではないのに、


集中すると分散していた力が集まる事によって、


威力が数倍、数百倍、または、それ以上になってしまうんです。


まさに本家をも凌駕する力が発揮されてしまうわけです。


ですので、あなたも持ってる力を集中させることで、


普段は、全く敵わない感じる相手に勝つ事も


物理的には全然不可能ではないということです。





集中って・・・すごいですね!!!





人は、どういう人を求めているのか・・・


自分にとってどういう人が一緒にいて心地良いのか。


どういう人と繋がっていたいと思うのか・・・。





一体どういう人だと思いますか?






人と言うのは基本はわがままなんです。


出来れば自分の思った通りに物事が運んでほしいんです。


自分の意見や考えを否定されると誰でも嫌な気分になります。




人は誰しも認めてもらいたはずです。


自分の意見に賛同してほしい。



あいつは凄いよって言ってもらいたい。


誉めてもらいたい。


自分を大事に扱ってほしいんです。







人は・・・





【自己重要感】



を満たしてくれる人が好きなのです。




人は誰でもが認められたい、


だから頑張るし、評価を得たいと思います。


自分という存在が重要であると感じたいんです。


ですので、人が満たしたいと願う欲を、


満たされる側ではなく、


満たす側になる!!


そうすることによって、不思議と人に好かれる人間になってきます。


自分の満たされない部分を満たしてくれる人は貴重ですし、


放したくありません。


あなたが、人の重要感を満たす存在になるだけで、


人に多大な影響力を与える事ができるようになるのです。


人の重要感を満たす究極の存在が、


神様や仏様になるのかもしれません。


最後の神頼みと言う言葉があるように、


人間、一時は神様を恨むような体験をしたにも関わらず、


時間が経つといつの間にかまた、何かに願ったりしているように・・・





最終的には彼らを捨てきる事が出来ないんです。


それは、運が良い時は、自分が彼らに重要視されているように


感じるからではないでしょうか。
むか~し、むかし


中国に、あるおじいちゃんがいました。


「孫子」という名前の人です。




その人の名言です。


聞いた事がある人も多いと思います。




彼を知り己を知れば百戦危うからず


彼を知らず己を知れば一勝一敗す


彼を知らず己を知らざれば戦う度に必ず破れる





簡単に説明すると・・・


自分の事と相手の事をちゃんと理解していれば必ず上手くいく。


自分の事は分かっていても


相手の事を理解できていなければ


上手くいったり、行かなかったり、ラジバンダリ。




自分の事も、相手の事も理解していないのであれば


上手くいくわけがないということです。





この考えは、もともと戦に使われていた考えですが、


時代が変わるにつれ色々な分野にあてはめられるようになってきました。


この考えは、物事の源になる部分です。




例えば・・・


・何か新しい事を始めたい


・達成したい目標がある


・良い人間関係を構築したい





これらの事にも全て当てはまります。





何か新しい事を始めたい


その新しい事を始めるのに自分は向いているか、


その始める物事はどういった物事なのか、


ちゃんと把握しないと始めたところで長続きしません。




目標を達成したい


その目標を達成する為の努力は出来ているか、


その環境、時間はあるか等まず自分を把握して、


達成したい物事を突き詰めていかなければ達成は難しいです。



良い人間関係を構築したい


まず自分がどういう人間なのか、


親しくなりたい人の考え方、性格を受け入れられるのか、


相手はどういう考え、価値観を持っていて


どういう事が好きで、嫌いな事は何かを把握しなければ、


良い関係は絶対に築いていけません。




人間にはどんな生物以上に優れた頭脳が備わっています。


まず、この頭に情報を入れましょう。


間違った情報を入れてもそれは絶対に上手くはいきません。


間違った情報は自分の思い込みなどです。


間違った情報を入れるということは


サッカーを始めたいのに、野球のルールを覚えてるようなものです。



正しい情報をインプットしていきましょう。


自分の事が分からなければ、友達等、あなたに近い人にに聞きましょう。


それが本当のあなたです。


自分の思い込みとかなり食い違いがあったり、


自分の嫌な部分が分かってきます。


自分の事も理解出来ないのに相手の事を理解しようとするのは


絶対に不可能なことです。


まずは、自分の事を誰よりも把握することから始めましょう。

どうせ、俺なんて・・・


どうせあいつに勝てるわけなしし・・・


そんなこと私に出来るわけない。


やるだけ無駄。


傷つきたくない・・・




なぜ自信が持てないのでしょうか?





それは、責任が生じるからです。


自信がないというのは、


自分が行った物事に対する結果を考えた際に



その結果が悪い結果をもたらすだろうと思う時に、



自信がない・・・と人は感じます。


その結果に対する責任が取れない状態です。


人は自分に自信がない人に出会った時どう感じるでしょうか?



想像してみて下さい。


何だか、挙動不審にオドオドしている人、


やたら悲観的なひと。



自信がない人といると必ず不安が生じると思います。


この人、大丈夫かなあと思うわけです。





ワンピースで言うと、



「ウソップですね。」




ウソップを見ていると、どうしても不安感がぬぐえないですよね。


逆にルフィやゾロ、サンジを見ている時はどうでしょうか?


やたらと、安心感を感じませんか?



カッコイイ等、凄く魅力的に感じてしまうわけです。



なぜなら彼らは過剰なまでの自信を持っているからなんです。


どんな敵が相手だろうと彼らは不安を抱いたりしないのです。


そう。


人間は、自信のある人を見ると無意識に魅力的に感じてしまうものなのです。



では



どうすれば麦わらの一味のような自信が得られるのか・・・



自信は成功した経験を重ねる事により自信が形成される仕組みになっています。


例えば・・・


異性に告白をして振られた事がなければ、簡単に告白できますよね?



ナンパに行けば必ず女性をGET出来るのであれば、誰でも街にくりだします。



なぜ、それが出来ないのかと言うと、



成功体験より、失敗体験方が多い、または経験がないからです。


その行動に対するネガティブな感情を持っているからです。


自信を持つ為には、それを克服するしかありません。


人間の脳には面白い仕組みがあるんです。


脳は、苦しい経験を克服すると、


次からそのレベルの苦しさは、苦しい事ではなく「ちょろい事」になる。


苦しさから逃げていると簡単な事も苦しくイヤな事になる。


それが脳の仕組みなんです。


自信という字は、


自らを信じると書きます。


覚悟を決めて、


荒波の中に自分を投じましょう。


今の現状を手放す事が出来もしないのに


自分の人生を嘆いても仕方がありません。


いつかは、飛び込まない限り向こう岸には渡れないのですから。


それとも、今まで一度も来なかった助け舟が来るのをずっと待ち続けてみますか?

マジありえないんだけど~~~~!


サイテ~~~。


こういうところが好き。


ああいう面がたまらない


人の好きな面、嫌いな面てありますよね。


相手のいいな~と思う面、嫌だな~と思う面は必ずあなたも持っています。


ですので、相手だけ責めるのはやめましょう。


例えば、あなたが恋人と上手くいっていない時、


他のカップルを見て、


「いいなあ~、楽しそうで」



と思ったことありませんか?




それは、そのカップルも今は良いだけです。




人と付き合っていくにおいて、


いっつも楽しく、幸せな事だけという幻想を抱くのは、おとぎ話しの中だけにしておきましょう。


人には感情があります。


気分が良い時もあれば、悪い時もあります。


あなたに優しく接する時もあれば、冷たく接する時もあるのです。


それが、人間です。


人間恋の始まりには・・・


人は相手の良い部分しか見えません。


最高の恋人と思うあなたが相手にのぼせあがっている状態です。


一番楽しい時期ですね!


これを「ピンクレンズ」効果といいます。





そして、時間が経つにつれて関係が成熟してくると


相手の悪いところばかりが気になり始めます。


何か、思っていた人と違う、うっわあ、こんな人だったんだ。


以前と何か変わっちゃった。


相手に幻滅をしている状態


関係がくずれる状態、だいたいの人がこの状態で別れます。


これを「ブルーレンズ効果」といいます。


人との付き合いにおいて、あなたは


「必ず」


この相対する両方の現実を体感します。


今あなたが、相手から感じてるフラストレーションも、


そのうちあなたが、相手に感じさせる日もやってきます。


今、凄く幸せで、きっと私たちの関係は、このまま一生いくと思う。


それは、今のぼせあがっているだけです。


悪い面を見て、ショックを受けて相手を責め


良いとこだけしか受け入れていこうとしないのであれば、


その人との関係は長くは続かないでしょう。



愛するというのは


全てを受け入れていくことです。


自分のやりたいことってなんなんだろう・・・。


人によっては一生の課題ですよね~~!


でも、けっこう簡単な見つけ方があるんです。


あなたが何か物事を話していて、


無意識にパッションが湧きあがっている物事です。


別に自分ではそれが好きとか意識したことがないのに・・・


なぜか話す時感情が入ってしまう。


それを軸に考えていけば、本当にあなたがやりたい事が見つかるはずです。


会社行くの嫌だな~~~と思ってても、


あなたの仕事の内容を話すときには、なぜか感情が高ぶるようでしたら、


それは、その仕事が嫌いというわけではなく、


その会社の内部や人間関係に嫌気を指しているだけです。


実はやりたいことをやっているのに、何か嫌な気分にさせられる場合は、


思いきって環境を変えてしまえば、


全くちがう人生が待っているかもしれません。


ふと、会話に感情が入ってる瞬間を意識して見つけるようにしてみましょう。
待ってないかもしれませんが、言わせて下さい・・・。






お待たせしました。






ついに公開です。


これで、あなたも、


あのモンモンとした日々とおさらばできます。




いつも、その一歩が踏み出せず、公開をした経験のある方。




今日から変われます。




これを実践してみて下さい・・・



それは、






自分で「勢いを止めない」ということです。




どういうこと??



それは・・・









例えば、あなたがダイエットを始めようと決意したとします。


ん??


全国の期待してしまった殿方



「すいません。」


ヤレるはヤレるでも、そっちのヤレるではないんです。





「いつやるの?」


「今でしょ!!」


の方です。





そう・・・


ダイエットなど何か始めようと思った時など、


明日からキッチリ始めようと決意してもなかなか始められません。



人間は感情で動く生き物です。


明日になったら感情が冷めてしまうんです。



ですので、その感情が高まってている時にやってしまうのが一番なんです。





例えば・・・


ようし明日からと思ったら、その場で腕立てを5回くらいやってみることです。


明日から30回より


とりあえず、思った瞬間、少ない回数でいいので動いてみることです。




そうしないと、感情がすぐ冷めてしまいます。





長期間動かしていないエンジンは、エンジンがなかなか、始動しないんです。


なので、動いた時にちょっとエンジンを高回転まで回してみるのが一番です。




家に帰ってきて、さあてエクササイズをしようと思って、


とりあえずソファーに座ってしまうと、


かなりの確率で行動に動かせないですよね?




それを回避する為には、帰ってきたら、座る前に行動してしまうことです。


自分のエンジンがまだ動いている時に行動してしまうのです。


一度エンジンを切ってしまうと、エンジンを再始動させるのは大変な事です。


一度エンジンを冷ましてしまうと、エンジンを再始動させても、


エンジンが暖まるまで時間がかかります。





心と体は一心同体です。


体が止まっていると、気持ちも止まってしまうのです。


逆に体が動いていると、気持ちも動きだすんです。



その証拠に明日通勤途中に


試しに、スキップをしてみてください。



そしてスキップをしながらネガティブな事を考えてみて下さい。





不思議とネガティブな気持ちにはなれないものです。





なので、体が動いていれば気持ちが乗っている証拠なんです。


ですので、自分で勢いを止めず、


エンジンがかかっている時についでにヤルと言うことです。


これを3週間続ければ、習慣に持っていくことができるので、


そしたら、もうこっちのもんですよ!!


いつも堅苦しいブログを読んで頂き御苦労さまです。


今日から、ちょっと自分らしさを出していこうかなと一念発起


友達のELLEさんから


「何かYoshiらしくないで~~」と言われ


ハッと気づかされました。  Thank you mate!




こんな堅い事書いてるんですけど、



実は、調子に乗る事が何よりも大好物でして・・・  笑



ちょっと僕の周りの人は、むずがゆく感じるみたいなので


ちょっと自分らしく、いきなり軌道修正していくので、


戸惑い禁止でお願いします。






今日は何について話していくのかというと・・・







「夢」です。







言ったそばから、そんな話題かい!!


いや~でも話したいの!!


ってことで・・・





この「夢」の持ち方によって、その夢が成功するか、しないかが分かれてしまいます。


絶対に成功する夢の持ち方があるんです。


それは・・・





夢=仕事に結びついている人です。






例えば・・・


私は〇〇を開発して、人の暮らしをもっと豊かにしたいとか


人の〇〇を成長させる為に、〇〇を教えたいとか


自分の持った夢が人の為になっていれば(人の為になる=仕事です)


その夢は、いつしか叶うでしょう。





逆に叶えるのが難しいのは・・・





夢=遊びに結びついている人です。





では何で夢が仕事に結びついていると成功するのでしょうか?






それは、なんだかんだ言っても人は自分の事より


大事な人の為にすると、行動力が上がるからなんです。





例えば・・・


一人暮らしだと、料理もササっと作って終わりにするところを


誰かが来ていれば、ちょっと腕を振るったりしますよね!?


休日何も予定がなければ遅くまで寝てるのに、誰かと予定があれば、


早く起きますよね?




これらも、人が待ってるからとか、美味しい物を食べさせたいとか


人の為にしていることが、無意識に原動力となっているんです。






よ~~~く振り返ってみて下さい。





自分が人に何かしてもらって嬉しかった時と


自分が誰かにしてあげて、その人が凄く喜んでくれた時


どっちが、あなたの心は満たされていましたか?





相手の凄く喜ぶ顔を見た時ではないでしょうか?






そっちの方が深くあなたの心に刻まれているはずです。




20世紀の天才物理学者のアインシュタインを知っているかと思います。



その昔、アインシュタインのお弟子さんが、アインシュタインに聞きました。





弟子「人は何のために生きているんでしょうか?」







まあ、誰でも一度は考えたり議論したことありますよね  笑






アインシュタイン「そんな簡単な事も分からないのか?」


弟子「・・・・・。子孫繁栄?」





アインシュタイン「簡単な事だよ、それは・・・・・」







「人のためだよ」







これが、ホントだとしたら全てに合致がいきますよね。



人は人の為に生きているのだとしたら、人の為になること(仕事)を


夢にすれば、必ず成功するは当たり前の事だということです。



「やべ~俺の夢遊びに結びついてる」


もしそうだとしたら、それをどうにかして、無理やりにでも仕事に結びつけてみては


どうでしょうか?


いや~今日もやっぱり堅かったかなあ~!?


ほぐさな  笑



人を惹きつける要素ですぐパッと頭に浮かんでくるものは何でしょうか?


・顔


・スタイル


・性格


・お金


もちろん上記の要素も人を惹きつける要素ですが、


実は、意外な要素が凄く影響をもたらします。


そう、その要素とは・・・・


「声」です。


声の質に人間は無意識に影響を受けています。


例えば、営業の仕事をしていて、同じ営業トークをしているにも関わらず、


売れる人、売れない人がいますよね。


それは、その人の声の質に違いがあるのです。


聞いてて気持ちよくなるか居心地悪くなるかのちがいです。


人は誰しも、好きな音、嫌いな音があります。


この人の声を聞くだけで嫌だ~と思う人もいれば、


何だか、声を聞いているだけで心地よく感じる人もいるわけです。


どんな人が好きの定番に挙げられる


・優しい人


・面白い人


・明るい人


これも、その人の声なくしては、


優しいか、面白いか、明るいか判断が難しいのです。



なぜ優しいと感じるか・・・


その人がした行動もありますが、その人の声のトーンで優しさを感じることが多いですよね。


ドスのきいた声で優しいと思う人は少ないはずです。


面白い人も同じでその人の声のテンポであったり、声の強弱の付け方で、面白さを表現したりするわけです。



明るい人の場合は説明しなくても、分かると思います。


このように、無意識のうちに人は声によって、その人を判断したり、


その人の感情を読み取ったりしてしまうわけです。


会話力は、その次にくるものなんです。


いくら会話力を磨いていも、あなたの声が相手に響かなければ意味がありません。


赤ちゃんの声を想像してみて下さい。


言葉なんか知らなくても、ちゃんとお母さんに響いてています。


あんなに小さい体でも、あれだけ人に伝えるパワーがあるんです。


声というのは体を使って奏でる楽器みたいなものです。


訓練次第で良い音色が奏でられるようになるはずです。





「なんでこんなにネガティブに考えてしまうんだろう・・・」


「ホント〇〇ってネガティブだよね~、ホントそこ直した方がいいよ。」


日々私たちが生活をしているなかで、


どうしてもネガティブに考えてしまうことがあると思います。


いくら、ポジティブに考えようと思っても、


気付いたらまたネガティブに考えてしまう。


どうしたらポジティブ思考になれるのでしょうか?





まず、元々人間はネガティブに考えるように作られているという事を認識して下さい。


実は、これは人間だけではなくて動物も一緒です。


ネガティブは生存競争において生き抜くための大事な感情なんです。


自然界は弱肉強食です。


もし、仮に超ポジティブな鹿がいたとしましょう。


この超ポジティブな鹿は自然界で生き抜いていけるでしょうか?


あるライオンが鹿の群れを見つけました。


狩りをする為にその群れに突進していきます。


通常であれば、どんな鹿も一目散に逃げ出します。


これは、「食べられてしまうかもしれない」という


ネガティブな感情が働いているからですよね?


もし、ここで超ポジティブな鹿が・・・


「皆、何逃げ出してるんだよ~本当ネガだなあ」


「ライオンは別に悪いやつじゃないし、オレ友達になれるし~」


なんて考えて、腹を空かしているライオンに自ら近づいていったら、


確実に、息の根を止められますよね。   笑




このネガティブな感情があるからこそ生き抜いていけるわけなんです。


人間界でも、




「遅刻したらどうしよう」


「給料マジ少ない~~これじゃあ生活できない」


「嫌われたらどうしよう」


といったようなネガティブな感情があるからこそ、


人間は努力をすることができるのです。


ポジティブな感情しかないというのは、


「今日も遅刻してやったぜ~皆、早く来すぎだよ。」


「給料少ないとか関係ないし」


「俺を嫌いになるやつなんているはずがないよ」


こんな感情になるということです。


これだと、人間界では生きにくいですよね。


あくまで、バランスが大事だということです。


ポジティブとネガティブ


このバランスがとれているからこそ、


人間は豊かな暮らしを手に入れる事ができたのです。


ポジティブ過ぎもネガティブ過ぎもよくありません。


人間も動物ですので、ネガティブな感情の方が、ポジティブな感情よりも


強く反応します。


悪い出来事をいついつまでも引きずっていたりしますよね。


これは、人間が自分を守ろうとする素晴らしいシステムなんです。


ですので、ネガティブな感情が浮かんだら、


その感情にまず感謝をするようにしてみて下さい。


そうすることで、自分の感情を認識することができ、


感情のコントロールが徐々に出来るようになってきます。


今日はここまで!!







全生命には、生まれながらにして、


成功する為の全自動誘導システムが備わっている。


動物ではそれを本能と呼びます。


それは、寝て、食べて便をするといった、シンプルな本能だけじゃない。


例えば・・・


春に生まれたリスは冬を知りません。


それでも、秋にはせっせと木の実を貯え


食糧が取れない冬をしのぐ準備をはじめるのです。。


鳥も、巣作りや飛行を教わりません。


それなのに、時には何千キロと飛行したり、


大海原を超えて飛行するときもあります。


人間のように、天気を教えてくれる天気予報もありません。


暖かい地へ行く地図があるわけでもありません。


それなのにも関わらず、寒い冬が訪れる時期、


何千キロも離れた温暖な地の正確な場所を




知っているのです。





では人間はどうでしょうか??


このような動物の真似を生まれながらにして


誰にも教わらずできるのでしょうか??


それは、おそらく無理でしょう。


ですが、


人間にはもっと優れた機能が備わっているのです。


動物と言うのは目標が選べません。


目標は予め設定されているのです。



ですが、人間は目標を個々で生み出せるという機能が備わっています。


どんな生き方をしてもそれに順応できるように作られています。


自分の目標が定まったら、そこへ向かう為に、


一から情報を探し、問題を自分で修正し、到達出来る他の動物にはない特殊な能力が、


生まれつき誰にでも備わっているのです。


あなたが目標を達成したいと強く願った時、


あなたの脳は、勝手にその目標を達成する為に24時間フル稼働しつづけます。


そして、いつの間にか達成する方法を見つけてしまうのです。


例えば・・・


よく友達との会話の中で、


「あの芸能人の名前なんだっけ?


あの~アイスのCMに出てる」


「あ~分かる分かる、えっと誰だっけ、名前が出てこない」


「あ~なんだっけ、」


「このままじゃ夜眠れなくなる~」


このフレーズは誰でも一度は口や耳にしたことがあると思います。


そして、全く考えていなかった時にふと名前が急に浮かんだりします。


これは、自分が意識していなくても、


脳は常にふる稼働で答えを探してくれているからなのです。


ですので、私は医者になると決めたら、


医者になる道をあなたの脳は勝手に探し始めます。


私は、ダメな人間だと強く思ったら、


同じようにあなたの脳はダメ人間になる方法を無意識に探してしまうのです。


このように、あなたの脳はあなたの言うとおりに素直に動いてくれるのです。


この自動システムを上手く使いこなす事が出来れば、


あなたの人生常に素晴らしい事だらけになるでしょう。










どんな結果にも原因はつきものです。


ちがう結果をもたらすには、原因を突き止める必要があります。


ただし、実際に見えてる表面上の原因だけを変えても、


その時はいいのですが、


また、あとで同じ問題を繰り返します。


じゃあ、どうすればいいのか・・・





原因を根元まで探ってみて下さい。







どんなに立派な大木でも根元が腐っていたら、


いずれ倒れてしまいます。


表面上のケアをしても、応急処置にしかすぎないのです。


では、どういうふうに根元まで探るか・・・


それは、簡単です。


自分になぜ、そうなったかとしつこく問いかけてみて下さい。


例えば・・・


人に避けられる悩みを抱えていたとしましょう。


なぜ?


あ~体臭がキツイからだ。


なんで臭いんだ?


昨日は風呂に入らなかったからだ。


なんで風呂に入らなかったんだ?


めんどくさくて。


なんで面倒だった?


返ってきてボーっとTV見てたら、なんとなく・・・


じゃあ、なぜ返ってきてボーっとTV見てた?


え~特にやることもないし、楽しいから!?


じゃあ、何でやることないの?


えっ????


なんでだ?


という具合に、ここが根本になるんです。


まさか、人に避けられる理由がこんな所に原因があるとは誰が思うでしょうか?


ですが、この根本を変えると全くちがう結果がでます。


凄く面白いですよ!!



例えば今と昔を比べて・・・


昔は良かったなあ。


凄いモテたし・・・


全く恋人に困らなかったなあ。


では、昔モテていた原因は何でしょうか?


というふうに考えてみます。


すると、


あの頃は、毎日笑ってたなあ


なんで?


毎日、面白い事ばっか考えてた?


なぜ?


え~人を笑わせたかったから。


どうして?


よく分からないけど人を笑わせないといけないみたいな、使命感みたいな・・・


それじゃあ、今その考えは持ってる?



というふうに上手くいっていた時の原因を探り今と比べてみると、


なぜ、今とちがうのかが、はっきり自覚できるようになってきます。


原因と言うのは色々な物事に隠されてしまっています。


自分を変えたければ根本を探る癖をつけていきましょう。


その習慣があなたの人生を180度変えるきっかけとなるかもしれません。


本当の自分の姿とはどういうことでしょうか?


あなたは、私はこういう人ですと細かく説明できますか?


説明出来たとして、はたしてそれは本当のあなたですか?


それとも、単なる思い込みですか?


例えば・・・


私は人と話すのが苦手で


計算が得意で


野球が好きで


モテるタイプではないです。


これらは、本当に正しいですか?


実は、これらは全てあなた自身が思う


「ただの思い込みです。」


人間というのは自分自身の思い込みで形成されているのです。


人間は、子供の頃から、


周りの自分に対する反応や、


成功、失敗、屈辱、勝利などを通じて、


自分のイメージを心のなかに無意識に形成していってしまうのです。


そのイメージが自分自身の真実だと思いこみ


その自分のイメージを全く疑うことなく


まったく、そのとおりであるかのように振舞いだしてしまうのです。


つまり自己イメージは、


達成できること、できないこと


難しい事や簡単なこと


さらには、自分に対する周りの反応までも


自分の中でコントロールしてしまうのです。


もっと細かく言うと


自己イメージによって、常にあなたの感情や、行動、態度


さらには技能までも支配されてしまうのです。


例えば・・・


バッターボックスに入っても、絶対打てないと思ってたら三振。


カラオケでこのキーは高くて声でないなあと思えば、やはり出ない。



この人に告白しても、絶対付き合えないと思えば、やっぱり付き合えない。


なぜできないのか、


それは、そのように振舞ってしまうからです。


物事の捉え方は人によって様々です。


例えば、顔に傷をつけてしまったとしましょう。



「こんな顔じゃあ外を歩けない・・・」


と思う人もいれば、


「うお~イカツイ、ハクがついたなあ」


と思う人もいます。


どちらで解釈するのが正しいのか・・・


どちらも正しいのです。


その思い込みによってあなたの振る舞いが変わります。


逆に言えば、その思い込みを変えればあなたの人生も


全くちがう道に進む事が出来るのです。


非常に面白い実験の話があります。


ある会社員の男性に睡眠薬を飲ませ、深い眠りに入ってもらいました。


そして、寝てる間に飛行機で移動させ、


あるイヌイットの民族の家に寝かせておくのです。


そこで、男性は目を覚まします。


目を覚ますと今までと全くちがう風景があります。


何が起きたのか全く状況が掴めない状態です。


そんな彼に対し、イヌイットの人たちが


あたかも、生まれてから、今までここであなたは生活していたかのように、


その男性と接するのです。


あなたは、ここで生まれて、こういう人間でと、あなたの全てを知っているかのように。


そうすると、その男性は、今までの過去の出来事はきっと夢で、


今の現実が真実なのだと思いこんでしまったのです。


そして、イヌイットの人たちとなんら変わらぬ生活が自然と出来ていまったのです。


オオカミに育てられた、オオカミ少女なんかも良い例かもしれませんね。


このように自己のイメージが定着してしまうと、


どうしても自己のイメージと違った振る舞いが出来なくなってしまうのです。


そのイメージはいくら失敗しないように努力をしても、


土壇場で失敗する方法を無意識のうちに


見つけてしまうのです。


ですので、現実を変えたければ、


まず自分自身のイメージを疑う事から始めてみて下さい。


「格言」

負けたと思ったらあなたの負け。


何としてでも勝とうと思わなければ勝てない。


勝ちたいが勝てないなどと思っていたら、ほとんど確実に負けだ。


いつも強い人、早い人が勝つとは限らない。


しかし、遅かれ早かれ勝利を収めるのは、


自分が勝てると思っている人間だ。











「あきらめる・・・」ってネガティブな表現ですよね。


「何でそこであきらめるんだよ。」


「どうせ、またあきらめるんだろ」


「あきらめたら、そこで試合終了だよ。」by安西先生


確かに自分でコントロール出来る事に対してあきらめるのは、よくないです。


ですが、


自分でコントロール出来ない事に執着しても


自分の心がつかれてしまうだけで、


結局、自分で費やした労力、時間が無に返す結果となってしまいます。


ここのコントロール出来ない部分に、やたらと執着してしまう人が多いのです。


なぜかと言うとコントロール出来ない部分と言うのは、自分以外の部分だからです。


他の誰かや、物事を変えれば自分を変えないで済みます。


相手や物事が自分の思うように変わってくれれば、こんなにハッピーな事はありませんよね。


結局、人間は楽して居心地の良い所に留まっていたい生き物なんですよね。


「この人にこう変わってほしい」


「こういう所が嫌だから、ここを直してほしい」


「私の事が好きだったら、もっと私の言う事を聞いて」


「なんでこういう事になるの・・・」


自分に降りかかった不幸など


こういった、自分でコントロールできない事に執着していても


ただの時間と労力が無情に流れ去っていくだけです。


大昔のインドでこんなお話があります。



ある女性が、たったひとりの子供を亡くして、嘆き悲しんでいました。


彼女は、我が子の死を受け入れることができず、


「どなたか、この子を生き返らせる薬をつくってください」と、



死んだ子供を抱いたまま、気も狂わんばかりに町中をかけずり回っていました。


しかし、そんなことができる人がいるはずもありません。


そこへ通りかかったお釈迦様が、彼女に告げました。



「一度も死者を出したことのない家から、カラシダネをもらってきなさい。


それを材料にすれば、子供を生き返らせる薬をつくることができる」


インドでは、カラシダネという香辛料は、どこの家にも置いてあるものです。


彼女は大喜びで、カラシダネを譲ってくれる家を探し歩きました。


しかし、一度も死者を出したことのない家からもらうというのが条件です。


何日もかけて探し回りましたが、そんな家はどこにもありません。


人は誰も、親を亡くしたり、兄弟を亡くしたり、


大切な家族を失った悲しみを抱えて生きています。


彼女は、しだいに正気を取り戻していきました。


すべてをお見通しのお釈迦様は、彼女が戻ってくるのを待って、


「例のカラシダネは手に入ったか」と尋ねました。


彼女は、心穏やかに、こう答えました。


「いえ、どこにもありませんでした。でも、もう私にはそんなものは必要ありません。


我が子が安らかに眠るのを祈るだけです」







「どうにもならないこと」を何とかしようと、


もがき苦しむのはよくありません。


何とかなることはすればよいのですが、


どうがんばっても、どうにもならないこともあります。


また、がんばることが幸せにつながるとはかぎりません。


あなたは、その人の人生を生きているわけではありませんので、


その人を変えようと思うのなら、



その人にあれこれ、不満を言うのではなく、


人を変える前に自分を変えて下さい。


そして、自分が変わった事を


見せるのではなく





魅せるのです。




「子供は親の背中を見て育つ」



人を変えたいなら何よりもこれが効果的な方法でしょう。











「思いを込めて行った事は多くの人に伝わる」


確かにそうですよね~。


これは、ポジティブな思いでも、ネガティブな思いでもあてはまりますよね。


コンビニ弁当より、愛妻弁当の方が美味しく感じます。


一流レストランで食べる料理は、もちろん美味しいですが、


たまに実家に帰った時に食べる母親の料理は負けずとも劣らない。


その人の為に思いを込めるだけで、受け取り手には全くちがう印象を与える事ができるのです。


同じ商品で値段が高くても

「あなたから買いたい」

「あなたから教えてもらいたい」


思いを込めて行えば、お金と言う壁も簡単に超える事が出来てしまうんです。


営業の仕事をしている時、よく上司から


「素直さが大事」


「素直な気持ちがあればどんな人の心も開くことができるんです」と


口を酸っぱくして言われました。


営業の世界で、そんなきれいごとを言われても・・・・と


当時は、ずっと思っていました。


でも、こういった素直さがないと人は話を真面目に聞いてくれないんです。


どんなに良い言葉を使おうと、どれだけ上手に話そうと


あなたの表情、口調、態度、雰囲気が全てを語ってしまっているのです。


逆に言えばどんなにその人にスキルがなくても、


思いを込めて行えば人の心突き動かすことはそこまで難しくないと言う事です。


松岡修三さんの動画です。


以前は、見たら笑ってしまっていました。


今見ると、全くちがう感覚でした。


思いを込めて伝えるということは、


時間は掛かってもそのうち必ず届くのだと実感しました。


http://www.youtube.com/watch?v=zhwLxNjK97A

プロフィール

Yoshi

Author:Yoshi
【年齢】28
【性別】男
《経歴》
色んな事を経験し歴史に刻み込んできました。
全てとの出会いが今の自分です。

《好きなこと》
期待の眼差しを向けられてるとき。
《嫌いなこと》
あせること
【コメント】
あなたの人生が変わるキッカケを作っていきます。
・人
・物
・本
・動画
・言葉
・出来事

ひょんな事がきっかけであなたの人生大きく変えます。

探して下さい・・・
あなたにとっての人生でのきっかけを。
必ずありますから。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カテゴリ

訪問者数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
98962位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30552位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。